banner

株式会社設立の人数

株式会社設立に関する人数は寛容的

株式会社設立に関する人数は、非常に寛容的になっています。なぜかと言うと、そもそも多くの人数を揃えて会社を設立させる必要がないからです。実は、従来までは少人数での株式会社設立は認められていませんでした。

しかし、株式会社設立に関する会社法という法律が改正されてからは、株式会社に対する条件が非常に寛容になったのです。

こうしたことになった大きな理由の一つに、有限会社を設立できなくなったという事実が存在します。会社法のもとでは、有限会社を設立させることはできません。

そのかわりに、株式会社が有限会社の形に似せて作ることはできるようになっているのです。そのため、株式会社設立であっても、取締役を一人にしてそのものを会社の代表にするような形態を取ることも現実的に可能なわけです。

当然、このような形で会社を作ることができるのですから、有限会社でなくても株式会社という名目で家族経営を行なうこともできます。もっと簡単に言えば、取締役を夫と妻で行うことができるわけです。

ただし、少人数で株式会社設立を行なうためには一定の条件が必要になります。この条件というのは、発行済みの株式を譲渡制限付き株式にすることです。譲渡制限付き株式というのは、株主総会の承認を得なければ株式を他人へ譲渡してはいけないという制限が付いた株式のことを意味します。

少人数で会社を経営するときには、この譲渡制限付き株式に関して会社の定款に記載する必要があるのです。そもそも、なぜこのようなことをする必要があるのかと言うと、無制限に会社の譲渡を許してしまうと、会社の経営の決定権が簡単に他社に渡ってしまう可能性があるからなのです。

上場企業を見ればわかるとおり、基本的に会社の方針を決定することができる権利を持っているのは、株式を購入している株主です。多くの株式を持っている株主は取締役の退任を請求することもできるようになりますし、会社の株式を多く取得すれば実質的にその会社そのものを乗っ取ることもできます。

そのようなことがないように、特に資金力に乏しい人の数の少ない会社に関してはこのようなルールを設け、会社運営に関してより安全性を確保しようと考えているわけです。
このように、株式会社設立に関しては必要になる人の数はそれほど多くなくても構いません。

従来とは異なって、会社を設立させるときのルールは法律の改正によって寛容になっていると言う事を知っておいて損はないのです。

Copyright(c) 2014株式会社設立簡単に。設立の知識丸ごと教えますAll Rights Reserved.