banner

記念品の意味

株式会社設立の記念品の意味とは

株式会社設立というのは会社にとってはかなり大きな意味を持つものです。株式会社設立をした記念日は会社では特別な行事をすることもあり、従業員も一緒に会社の歴史を振り返る行事をすることもあります。

10年や20年という節目の株式会社設立記念日にはその日を形に残すために記念品を作ることもあるのです。

これは社員やお客様や取引先の企業様などに配布する場合もあります。また新規開拓のために配布することもあり、営業にもかなり大きな効果を期待できるものなのです。それではどのようなものが株式会社設立記念品にいいのでしょうか。

基本的にはこのようなものでなければいけないというものはありません。粗品やノベルティグッズなどと同じようなものだと思ってください。

ただ株式会社設立記念ということで会社の名前と記念日のお祝いの品であることを示す刻印などを入れておく必要があります。会社のノベルティグッズを作っている会社ではこのような記念品の名入れなどもしてくれますので利用してみてください。

ちなみに実施に記念品として利用される品といえば文房具などが多いのです。これは主に従業員やお客様などに配布します。ボールペンやクリアファイルなどが安価で作れるということでかなり人気があります。

その他にもよくあるものといえば日用品も利用されており、懐中電灯などもよく利用されているのです。
災害の時に電源となるタイプですとより喜ばれます。一つあたりの制作料金が高くなるものの大きなインパクトになるのです。

あとトロフィーや楯などもありますが、これは主に会社などで飾っておくことを目的に作るものとなります。トロフィーや楯にはもちろん会社の名前を入れるのですが、さらにプラスメッセージなども入れることによって記念の日という意味合いを強くすることができます。

実用性を持たせるために時計の入っているタイプのものを作る会社もあります。これがあれば会社を長く続けられたということを実感できますし従業員のやる気もアップするのです。

基本的には作っても作らなくてもいいものであり、何もしないところも多いのですが、作った会社の多くは満足しています。

基本グッズはたくさん作れば作るほどに一つ当たりのコストが安くなる傾向がありますし、記念品も一応は会社の経費として計上することもできますので税金対策にもなるのです。
センスのいいものを作り、さらに会社の発展に利用してください。

Copyright(c) 2014株式会社設立簡単に。設立の知識丸ごと教えますAll Rights Reserved.