banner

登記申請書を提出

株式会社設立では登記申請書が必須

株式会社設立に必要なことはいくつかありますが、その中でも最も大切なことの一つに登記申請書の提出が挙げられます。株式会社は、普通の会社とは異なる性質を持っています。

それは、投資家から株式を購入してもらうことができる立場にあることです。もちろん、投資家から株式を購入してもらうためには上場企業となる必要があるのですが、株式会社として会社を設立させると上場するための準備を整えることが出来るようになりますので、まずはそのための準備を登記申請書の提出によって行なわなくてはいけません。

株式会社設立だけに限りませんが、この申請書には一つかなり特殊な点が存在します。それは、株式会社設立に関する添付書類に関する必要事項を書く欄が存在しないということです。

登記申請書というのは、任意書式によって提出することになる申請書ですので、提出するときに必要になるものは全て自身で考えなくてはいけません。株式会社設立の場合は、設立の状態を考えると申請をする人によって全く提出する書類が異なってくることもあるのでこのような方法が採用しています。

例えば、最もわかりやすい違いというのは定款に関する書面です。株式会社設立に関して書類を提出するときには定款を提出する必要があるのですが、定款というのは会社の規則やその意義などを記したものですので、その会社に携わっている役員の名前などを別途書類にして提出しなくても、定款に全て名前を書くことも可能になっています。

この場合、役員の名前は既に定款の中に記載されてるわけですから、その後に役員に関する書類を添付しなくても会社に関する役員の状況がわかるようになっているわけです。もちろん、定款の中に役員に関する事項を記述しなくても全く構いません。

このようなときには別途役員や監査役に関する書類を添付して提出することになりますので、やはり会社によって提出する書類が全く事なってくることになります。また、もう一つ大切なのは登記申請書を提出する先を間違えないことです。

いくら正しい内容の申請書を作成しても、その申請書を提出する先を間違ってしまうとそれだけで株式会社設立の申請が却下されてしまうことになりますので注意が必要です。

このように、株式会社設立に関する申請書には所定の必要事項というものが存在しません。任意によってどのように書いていくか、どこに提出するかをきちんと考えて作成しなくてはいけないという事を忘れてはいけないのです。

Copyright(c) 2014株式会社設立簡単に。設立の知識丸ごと教えますAll Rights Reserved.