banner

株式会社設立の専門

株式会社設立の専門家:行政書士と司法書士

いつかは必ず自分の会社を持つ。そう心に秘めて現在は会社員に甘んじている人も少なくないでしょう。株式会社設立における規制緩和に伴い、自分の会社を持つことは特別な人たちのことではなくなりました。

自分の力量一本で、どこまで通用するのか。会社で相応の結果を残してきた人であれば、きっと何らかの結果を残すことができるでしょう。いつか大企業の社長にまでなる夢を持ち、虎視眈々と機会を狙っている人もいることでしょう。

そうしたあなたの夢や大望が、人を幸せにします。経済の発展に寄与します。東証1部1700社のうち、まだ創業1代目という社長も多くいます。20代の若者が企業した会社でも、すでにマザーズなどに上場している例も見られます。

株式会社設立にあたっては、現実的には各種の煩雑な手続きも必要です。少々面倒臭いのですが、避けられません。なるべく費用を節約したい気持ちは分かりますが、自分だけで書籍等を参考にして会社設立をしてしまうと、かえって高くつくこともあります。
経営が軌道に乗ってからのことも考えて、設立の時点で信頼のある専門家との付き合いは持っておきたいものです。設立に係る費用は経費として認められます。専門家への相談費用は必要経費だと心得て、スムーズな設立に着手しましょう。

ところで、株式会社設立の手続きに関する専門家は、税理士、公認会計士、弁護士、司法書士、行政書士など、多くのタイプがあります。どういう資格を持つ人に相談するかではなく、株式会社設立に多く携わってきた人に相談するのが無難です。

税理士だからといって、すべてに熟練しているとは限りません。眼科医に心臓手術を依頼しても難しいように、資格名そのものがその人の専門能力を指しているわけではありません。

司法書士や行政書士の事務所は各地に多くあります。司法書士や行政書士には、株式会社設立を専門の一つとする人が少なくありません。特に行政書士は、書類を代理作成して役所に提出する専門家です。
会社設立の趣旨をしっかりと伝えれば、不要な動きもなくスムーズにあなたを助けてくれるでしょう。また他の専門家よりも、少しだけ料金が安いという傾向もあります。

なお、自分一人で株式会社を設立する場合は、20~24万円程度の経費が必要です。書類の申請に伴って、これらは必ず発生するものです、専門家に相談する場合には、さらに相談費用が加わってきます。

株式会社設立の際には、専門家の資格が何なのかに関わらず、その人の専門能力を知り、かつ事前に信頼関係を築いておくことが、会社経営後のことを考えても第一に大切なことなのです。

Copyright(c) 2014株式会社設立簡単に。設立の知識丸ごと教えますAll Rights Reserved.